Satoshi Morikawa Official Web

日本初!脅威の引き寄せワークで夢を叶え、あなたを本物の幸せへ導きます

バナー

HOME ≫ お客様の声

お客様の声

兵庫県在住Hさんより

け れば感想をと言っていただいたことが、今、こうして自分に向き合える機会となりましたこと、またまた、感謝でございます。リーディングの言葉をいただいて から、1週間。リーディングのメール頂いたときに一気に高まった波動も、忙しい日々の中で徐々に下降の一途で、でも歯止めとなるひと時を持たせていただい ています。

 

さて、リーディングのメールをいただきまして、読み進むうちに全身に鳥肌がたち、結局、読み終わった後もしばらく鳥肌がおさまりませんでした。ともかく、自分のことが認められず自己否定の真っただ中にいた私にとって「願望はもう既に宇宙に届いております」のお言葉は、胸にせまり、宇宙から肩を抱いていただいたような温かな安心感に包まれ、涙が出ました。

「現在担当している子どもたちはライトワーカーなのです」

 

  ライトワーカーたちと日々、いっしょにいられたんだ、そのことに気付かされ、その幸せをひしひしとかみしめました。天使からのメッセージをいただきたい、 天使が身近にいることを感じたい!そう願っていた私でしたが、こんな身近にすでに出会っていたのだと、また、涙 涙でした。

 

  主人については圧巻でした。主人との関係を改善したいという望みはもう持てないくらい疲れ果てており、主人といると全く自分のペースを乱してしまい、主人 に対する、冷たく思いやりのない態度をとってしまう大嫌いな自分をもてあまし、実は、7か月ほど前、ある方に鑑定をして頂いたとき、「離婚することは許さ れているよ。ただ、あなたが離婚することを自分に許していないだけだよ」と言われ、あるワークショップに参加した時も、なぜか離婚された方々との接点が多 く、真剣に「離婚」を考えることもたびたびでした。


 

しかし、

 

「彼 が鬱になる事により、真梭子さんがヒーラーと化し、癒しを経験される事で、成長できます。例え目に見えなくても、彼のハイヤーセルフにはそのような意図が あるのです。ですので、真梭子にとっての成長の機会を、共同で、そして夫婦チームとして作り上げたのです!これは宇宙からのプレゼントです。」

 

しばし、呆然といたしました。何度離婚を考え、しかし決心のつかなかった私が、やっとやっと、納得のいく答をいただくことができたのです。

 

そして「ライトワーカーとしての使命」ですよ。と言っていただき、私が、この私がライトワーカーになれるの?という驚きとともに、こうなれることをずっと望んできたことに気がつきました。

 

  さて、その後ですが、金曜日にメール頂き、週明けの月曜日、保護者の方からある訴えがあり、分かってもらえない悔しさ、その方の悲しさをどうにもしてあげ れないもどかしさに、その夜、なかなか寝られず、けれど、ふと「その人のしんどさは、その人に担ってもらおう。私が肩代わりできない。

 

私 は、今、私にできるベストをつくすのみ」と心を決めることができました。 私は今まで、人から相談を受けたりしたときに、本当にしんどくなってしまい、い つも自分を責めてしまうという繰り返しでした。ですから、その人に担ってもらおうと思えた自分にびっくりしてしまいました。すると、翌日、その保護者の方 から、もうこちらを責めるような言葉はなく、逆に言い過ぎた

と謝られました。決して、現状が変わったわけではないのですが、取り巻く思いというのでしょうか?風の向きが変わった?そう感じました。

 

  また、どうしても前に進めない仕事(子どもたちへのアプローチについての文章)があったのですが、リーディングの後の質問に答えてくださった中に、「魅力 を感じないものに無理やり強引に立ち向かう必要はありません。むしろスピリチャル系の方、もしくは心が引かれる方に焦点を当てる事がお勧めです。」とあっ たことで心が決まり、今まで学んできた心惹かれるスピリチュアルなことの中からおもむくままに書くことにしました。すると、あれだけ苦しんでも書けなかっ た文章がほんの2時間弱で書きあがり、自分でもびっくり。

 

誰かが代わりに書いてくださってるのではと思うほど、浮かんでくる文章がちゃんとつながり驚きました。その後、何人もの同僚から「いい文章やったわ」と声を掛けてもらいました。

 

  主人とは…またもや 主人の言葉に傷つき、つい、いつも通り「なんで、わかってくれへんの?」とイライラをぶつけはじめたのですが、ふと「ねえ、お互い、 まず、相手のしてくれたことに『ありがとう』って、言うことにせえへん?」って、具体的に提案してる私がいるのです。主人の話からはいつも『ぼくは被害 者』というシグナルが送られてくるように感じ、結婚して間もないころは、「この人(主人)は子どもの頃しっかり愛されたという思いがないんやわ、私がしっ かり愛を伝えよう」と思い、ありがとう、大好きとよく言葉に出していたのですが、やがて、子どもが生まれ、共働きの中で、保育所通いに仕事に家事と、その 時の私は 主人から「ありがとう」の一言

が欲しかったのだと思います。けれど、主人の口から出る言葉は自分のことばかりで。

 

 でも、この私がライトワーカーになれる、そのための宇宙からのプレゼントだという言葉に、主人に対して「ごめんなさい」という思いが湧いてきました。「しんどい役どころを引き受けてくれてありがとうございます」と。

 

しかし、まだまだで、主人のことばにすぐ反応し苛立ち、ありがとうという言葉が吹き飛んでしまいますが…。頑張ります。

 

  娘のことですが、運動の得意でない娘は、今まで、体育でドッチボールやキックベースボールで「お前がおったらチーム負けてしまうわ」と男の子から言われ て、つらい思いをしたこともあったのですが、今、ちょうど バレーボールをしているそうで「サーブ全部入ったんよ」と得意そうに話してくれ、水曜日 懇談 会で担任の先生から「美郷ちゃん(娘)が『今まで、体育嫌やったけど、みんなから励ましてもらったり、うまいねと声かけてもらって嬉しい』」と作文に書い てくれていて、また、バレーボールしている時の友達との様子がとても愉快に書けているんです。コンクールに応募してもいいですか?」と言っていただいたの です。

 

 こうして書いてみますと、リーディングしていただいてから1週間のうちに、めまぐるしく好転していること、改めて感謝でございます。

 

「波動を高める」ことを実践し、自分が光となること 楽しくてたまらない毎日を過ごしたいと思います。本当に本当にありがとうございます。この感謝の思いは、言葉では言いつくせません。

 

ありがとうございました。

 

  最後に「天使からのメッセージを聞きたい。天使を身近に感じたい」とずっと願ってきたことが、リーディングしていただいたことで昇華してしまったような、 そんな思いでいたときに、ブログの「使命」を拝見し、まさしく、天使とのつながり方ではなく、天使の思いを体験させてくださったのだと。ありがとうござい ました。私にとって ひとつの区切りとなりました。

 

コメント

  • ブログ