Satoshi Morikawa Official Web

日本初!脅威の引き寄せワークで夢を叶え、あなたを本物の幸せへ導きます

バナー

HOME ≫ Satoshiのマグネットブログ

Satoshiの強力マグネッティティブログ

最高のテンションを保っていますか?

願望実現の冒険を生きていると、
叶ったはずの願望が逃げていく事があるかもしれません。

例えば何かのワークショップやら旅行やらで、気分は最高になった状態で、心の底から望んでいた願望が叶った!


テンションが高い状態でお家に帰ると、その出会ったばかりの願望を叶えてくれる方からメールが来ていて、「夢じゃないんだ!」と感激する。

しかしその後、普段の生活、家庭や仕事環境に戻ると思えば、その叶ったはずの願望もずるずる逃げていく。 もがいてももがいても、離れていく距離を取り戻す事は出来ない。

その場合は長い視野で見ると、願望はいずれは叶うので「もう手遅れ」や、「逃した魚は大きかった」などと嘆く必要はありません。

では何故一度叶ったはずの夢が逃げていくのでしょうか? 答えは簡単です。

ワークショップなどで体験した時の最高潮の派動と、普段の生活の中で感じる感情と、ギャップがあるからです。

ワークショップで素晴らしい時間を過ごし、瞬時的に願望実現の派動にたどり着いたものの、普段の生活の中でそれを維持する事が出来ない。 なので一度叶えた願望も離れていく。

折れ線グラフにすると、かなり上がり下がりが激しい状態となります。 線が一番上の状態ならどんな事も叶う。 しかし下の場合は違う周波数を生きる。

この事は決して後退したという事を意味している訳ではありません

一度でもピークに達したという事は、またピークに達する事が出来るという事ですので。

とにかくこのような事があったとすると、今いる場所から、前に進むしか道はありませんよね。

前に進む方法とは、折れ線グラフの線をもっと安定した、平坦な棒のようにする事です。

言い換えますと、ワークショップや楽しいコンサートなどで体験する時のピークの雰囲気と、普段の生活の中で体験する感情とのムラを無くす事です。

そして普段からどんどん良い感情を感じて行く事により、全体的に線の位置も上に上にと向かっていきます。

線がある高さまで達したら願望を実現するとします。 そして平坦な線の高さが上がれば上がるほど、一番低い状態でさえも、願望実現のハードル(線)を越える事になります。

棒高跳びで言いますと、選手が体調最悪の状態で、オリンピック代表選考会に望んだとしても、代表選出に必要な高さを飛べるようになるまで成長する。

最低の状態でさえ求めている願望の周波数と合わす事。 要するに慢性的に願望に必要な最高潮のテンションを維持する事。

だからこそ、「引き寄せの法則」とは四六時中普段の生活の中で常に、どの瞬間も関わってきます。

例えば、週末に好きなことをしている時は最高に楽しいけど、でも日曜の夜に次の朝仕事に戻る事を考えたらどのような感情になるか?

一日の大半を過ごす、職場ではどんな事を考えながら過ごしているか。

駅で嫌な行為をする人に遭遇するとどう思うか?

将来について考えるとどう思うか?

身体が思わしくない状態の時にどう思うか?

テレビでニュースやCMを長々と見る時のテンションはどうか?

身の回りにいる人間達の事を思うとどう思うか?

今月はお金使いすぎたと思う時は?

これらの事は、全て直接願望実現に関係します。

今この瞬間考えている思考は、未来がどうなるかを暗示しています。

なので今楽しいですか?

職場にいながらでも、ワークショップと同様に、最高のテンションを満喫していますか?

それとも、「なんで本当は違う場所にいたいのにここにいるんだろう? いつまでこの状況が続くのだろう」と嘆いていますか?

未来について考えると、最高にワクワクしますか? 胸がときめきますか?

普段の生活の中の全ての瞬間と出来事の中で沸いて来る考え。

これをどうポジティブに料理していくかが、願望を実現するための鍵となります。

願望が叶う以前の地点と、願望実現の派動は違います。 それこそが唯一願望がまだ叶っていない理由です。

なのでまだ願望が叶っていない普段の生活の中で、どのようにその最高潮の派動を作り上げるか?

これさえ出来れば後は鬼に金棒なのです!
2013年06月13日 15:51 |コメント|

騒音問題と引き寄せの法則

先日の記事で、「全ての問題は人間関係を直せば完璧な解決方を引き寄せる事が出来る」と書きました。 今回はそのコンセプトに関して、現実的な実話を交えて具体的に説明させていただきたいと思います。

騒音についてです。

現在自分はシェアハウスに住んでいて、入居した時から隣部屋の住民の音が気になりました。 とにかく凄かったんです。 話し声の大きい電話の声とかドタンドタン家具を壊しているような音やら、部屋の出入りが激しくて、部屋を出てドアをガチャっとしめて、鍵をロックして、廊下を凄い音立てて歩いたと思えばすぐUターン。 また鍵を開けて部屋に戻りみたいな。 隣でその音を聞いてて、「おまえ一分間で一体何回出入りしてんだよ~、一体何がしたいんだ?」みたいな感じでした。その方が仕事のため朝早く起き、ドタバタ準備中に自分も起こされる事も当たり前のようにありました。

入居したのが1年半前で、自分にとっては上記の感じがこの問題に関するスタート地点でした

その後しばらくの間本当に色んな事がありました。

優雅なはずの休みの午後のひと時も、「こいつさえいなければ最高の休みを過ごせるのに。一体何の因果でこんな目に?」と思ったものです。

しかしその後も自分は常に人間愛を増やすワークをやりつつあり、その中で色んな変化を体験しました。 成長すればするほど、段々よい意味で、「どうでもいい」と思えるようになりました。

そうすると、うるさかった長電話も、外でしてくれるようになりました。

さらにはドアを閉める時も、ちゃんとドアノブを持ちながら、音を立てないように閉めてくれるようにもなりました。

実はそれ以前にもその人物に直接ドアの音とかについて直接申し入れる事があったのですが、それもそんな効果無し。 なぜならその人物は言われた事もすぐに忘れてしまうからです。

だからこそ逆に、常にドアを静かに閉めるようになった事はある意味凄いな~と実感しました。

言い換えれば変化の流れに乗れたという感じですね。

この問題と解決方への冒険を生きれば生きるほど、実感と確信出来た事があります。

やはりこの状況の鍵は、人間関係を癒す事である。

嫌だと思う迷惑行為をされる理由は、その相手の人との人間関係が嫌だと思うから。

でもそのような人間関係も、「嫌」から「まあ良いではないか」から、「この人愉快で楽しいね」と思えるようにレベルアップしてくと、「引き寄せの法則」が状況をどんどん変化させていきま。

そして最近になって大いなる気付きがありました。

ある時その隣人物と会話をしている時、彼自身がどっかからく来る何かの騒音に対しての文句を言っています。

そこで彼が発した一言: 「ちょっと位だったら別にいいんだけど」

別にそんな革命的な発言では無いかもしれないのですが、その時の自分には革命的に思えたのです。

「ちょっと位だったらいい」。 

「なるほど。音って別にそんな問題じゃないんだ。 人間の考え方次第で、こんな彼もちょっとの音に平気で耐える事が出来るんだ。じゃあ自分にも出来るはず。 確かに別にず~っとその迷惑音が聞こえる訳では無いし。 これなら出来る。」

ここで得た大きな気付きは、やはり「音自体より、自分のリアクションが問題だった」という事。 フランクに、寛大に構えればいいだけの話。 そしてその気付きが、「あの程度の音なら大した事ない」と思う。 そしてどんな問題も、「大した問題ではない」と思うと、安心感を感じる。 そして安心感を感じる = 問題はもう問題ではなくなる = 解決方がやってくる。


さらに色んな気付きがあります。

隣部屋の彼を友達だと思うと、ちょっとやそっとの音など本当に気にならなくなるのです。

自分が大学時代の時、友達同士で旅行に行った時とか、朝自分はまだ寝てるのに、既に起きている友達同士で笑い声のたえない冗談話を展開しているとします。 その音で起こされた時の自分のリアクションは?

目をこすりながら: 「ん? おっ、あいつらもう起きてやがる。 もう朝か。 なんか眠いけどテンション高くて楽しそうだな。」

要は楽しい時間に友達に起こされても問題じゃなく、逆に楽しそうと感じる事が出来る。

現在の状況も、隣部屋の人が友達ではなく、赤の他人と思うと、その他人から来る音が問題に感じる。「プライバシーを音で侵害するんじゃね~よ」みたいな感じで。

逆にその人と友達になったら、例え朝起こされても、学生時代に友達と旅行に行った時の感覚で、楽しいと思える。その人の生活も自分のプライバシーの一部になるので。

全部感性の問題なんです。

実際に昨日の朝も音がしましたよ。 彼はベランダから、自分の部屋を挟んだ自分のもう片方の隣部屋の人と話していて。。。以前なら「勘弁してよ」となってたのが、「なんか楽しそうだな」となりました。 さらには、「シェアハウスの生活って、愉快な仲間に囲まれていいな~」とガチで思いました。

本当に感性の問題なんです。

工事現場の音とかも、自分にとっては故郷のシアトルと同じ音に感じれて、幸せ感一杯になります。 シアトルに住んでいると何故かいつもどっかで工事をやってるように感じて。 なので日本の住宅街でも工事の音が聞こえると、「シアトルみたいだ~」と思い嬉しくなります。


全ての問題は人間関係を改良したら直せる。 

人間関係と感性さえ変えれば騒音問題なんてへっちゃらになるんです!
2013年06月10日 16:16 |コメント|

願望の度合いで判断する

「引き寄せの法則」を実践や講師の仕事をしていると、
一度でも言われた事があるかもしれません。

「あなた引き寄せの法則をそんなにやってて、幸せになろうみたいに言っているけど、なんで調子が悪い時があるの?言ってる事とやってる事が矛盾しているじゃないの?」

ちょっとグサッと来てしまうかもしれないのですが、そこで考えるべき事があります。

どんな人間でも問題を抱えない事は不可能です。 金銭的に、そして人間関係的にどんなに成功したとしても、必ず新たな問題が発生します。

それもそのはず。

全ての生命とは、地球上で生きながら、色んな未知のチャレンジに遭遇した上で、それらのチャレンジを克服していき、拡張するために生きているのですから。 だからこそ、克服した事の無い、新たな問題に遭遇する事は必要不可欠なのです。

なのである「成功者」が「問題を抱えている」、そしてその問題のせいで「調子悪い」事を悪く思う必要はありません。

新しい問題とは全て「未知」なので、完璧に解決するまで時間がかかる場合もあります。 しかし問題や願望とは解決方にたどり着くまでの冒険が一番ハラハラドキドキする部分です。 

そう考えると、問題を抱える= ハラハラドキドキするチャンスを抱えながら生きている! 

さらには、成功すればするほど、抱えている問題のスケールは大きくなる物です。

例えば、100万円をゲットした人が、今度はどうすれば1,000万円をゲットしようか悩んでいるかもしれません。

しかし月数千円のお小遣いでやりくりしている人からとっては、「数千円単位で悩んでいるとは、すごいな~」と思うかもしれません。

どんな願望も、法則的にはいずれはなんらかの形で叶います。 スピリチュアル的にみて、地球上で叶う物もあれば、地球上での生命を終えた後に叶う場合もあるのですが、いずれにしても最高で一番理想的な形で叶う事には違いありません

願望は全部叶うのです。

なのでどうせ願望が全部叶うのなら、「抱えている問題」や「非実現の願望」を悪く思う必要は一切ありません。

全部最終的に叶うのですから!

なので、問題を抱えている事自体を誇りに思う事が可能です。

1,000万円をゲットする願望なら、最終的に叶うその願望を抱えている事を誇りに思うべき。

ソウルメイトとの関係で悩んでいるのなら、問題の解決法が存在する事、そして問題が存在する事自体も誇りに思えます。 そもそも、ソウルメイトとまだ出逢っていない人にとっては、ソウルメイトがいる事自体が凄い事なのですから!

「引き寄せの法則」の観点から見ると、一見どんなに悪そうな事でも、視点さえ変化させれば一転して明るく見えるようになれるのです!
2013年06月07日 15:41 |コメント|

全ての問題は人間関係から

生きていると常に色んな問題に遭遇します。

逆に言うと問題無しの人生とは不可能で、
人間とはどんなに成長しても、成功しても、必ずいくつかの未解決な問題と遭遇します。

しかし全部の問題には共通点があります。

問題に関与する他の人間との関係という共通点です。

存在する全ての問題とは、「人間関係」さえ修復すれば、改善所ではなく、「引き寄せの法則」が準備した完璧すぎる解決方を引き寄せる事が可能となります。

例えばですが職場で出世出来ないという問題。 この問題は、「出世出来ない」という現実を修復するのではなく、昇進を決断する上司との人間関係に鍵があります。 もし上司に対して、「自分の事を全然理解してくれない頑固な人物」などと思っていると、頑固な程出世させてくれないという現実を繰り返し、月日に渡り展開していくかもしれません。

しかしもしこの上司の方を何が何でも絶対的に感謝する事が出来ると、状況は奇跡的に変わります。ここが「引き寄せの法則」の一番美味しい所です。自分の感情を変える事によって、現実簡単に、そして理想的に変化させるのですから。

鏡のように機能する法則の中で、心から感謝している人間が、自分にも同じように高い感情を示さない事は不可能です。 そして相手も同じように感謝の感情を示すことこそが、昇進だの、待遇アップだのの現実の好転に繋がるのです。

違う例として「周囲の騒音」があります。 これも一見、騒音の方が問題に見えますが、本当の問題は、騒音を起こしている人に対して抱く感情です。

例えば隣近所の人が常にドタバタ騒がしい音やら声やら発しているとします。 そしてその人に対して、「うざい」とか思うと、そのうざい事はどんどん拡張していく事でしょう。 その代わりその相手の人を愛おしく思う事が出来ると、奇跡的な解決方を引き寄せる事が可能となります。 例えばその人が引っ越したり、気になる事をしなくなったり、色んな変化を期待出来るでしょう。

環境問題についても、環境汚染よりも、環境を破壊する組織や企業や人物などとの関係が物を言います。

物価についても、商品の値段を設定している人物達との関係が重要です。

歩きタバコが嫌だと思う場合も、歩きタバコの動作をする人間との関係を修復すると、魔法が起こります。

商品やサービスの売り上げ問題に関しても、商品を買ってくれないという事実よりも、消費者との関係、 そして消費者に対してどのような感情を抱いているかが重要となります。

欲しい物が高くて変えないという問題も、収入が原因であるとします。 しかしその収入に関しても先述した通り、職場の上司との関係や、自営業の場合消費者との関係などが物を言います。

法則的には普段過ごす人物達に対して感謝や愛情やポジティブな期待感などの高い感情を感じながら生きていると、どんどん色んな問題が解決していきます。

人間関係を修復する事が成功への鍵なのです!
2013年06月07日 10:34 |コメント|

シンクロの奇跡

シンクロが起こると嬉しいものですよね。

例えば好きな人がいるとして、その方のブログを覗くと、
丁度自分が行こうと思っていたレストランに関する記事を書いていたりするのを見ると、思わず胸がときめいてしまいます!

しかしそこで質問です。

シンクロが起こったからと言って何がどうなるのでしょうか?

例えばその好きな人がある日突然自分の自宅に現れて、愛の告白をするのでしょうか?

これまでシンクロとかを経験して来た物の、だからと言って急激に現実の変化が無いと感じてしまい、逆に落胆や苛立ちを感じてしまう事もあるかもしれません。

しかしどんな事でも、視点さえポジティブなものにすれば、急に暗い部屋も薔薇色に見える事が可能となります。

シンクロに関してもそう。 素敵な偶然が起こるだけで、現実は変化しない、「思わせぶりな物」という考え方をポジティブに変化すると、どのように捉える事が出来るのでしょうか?

まずは、「シンクロ」も立派な「引き寄せの法則」だと考える事です!

「引き寄せの法則」とはどんな現実も自分の思考が創っているという考えが元に成り立つ法則です。

なのでシンクロも例外ではなく、自分が普段慢性的に、願望に関する良い考えを持ち続けていたから起こる物なのです! 

という事は、例え「ただの偶然」だとしても、「自分には現実を理想通りに変化する力がある」という事なのです!

もの凄い偶然とは、本当は「偶然」ではなく、自分がポジティブな考えを思い続けてきた事から実現する、「引き寄せの法則」の産物なのです。

そしてその事を自分で「凄い!」と思い、さらにはシンクロが起きた事を最大限に感謝すると、その「凄い偶然」はどんどん増えていきます。

多くの場合は、シンクロが起きても、「でも本物ではない。 ただの偶然に過ぎない。現実は何も変わらない」と思い、そこでめげてしまうかもしれません。 欠けている物の方に集中すると、現実も欠けているものしか反映してくれません。

しかしそうではなく、「シンクロが起きた事自体が凄い!自分には現実を創る事が出来るのだ!」などと考え、最大限に感謝する事が、シンクロの増加に繋がります。 そしてそのシンクロが繋がれば繋がる程、最終的に目指してた「願望実現」というゴールにたどり着けます。

「シンクロ」とは願望実現に向けて宇宙が用意してくれた「道案内」です。 ソウルメイトや仕事を初めとする、どんな願望に関しても、シンクロが起こるという事は、自分が正しい道を進んでいる事を意味します。

暗くて先が見えないように思えるかもしれない願望実現の道の中でも、シンクロという道案内の表示を見れば、「正しい道」を進んでいる事を確信出来ます。 そして自分の力と思考を信じて進むと、正しい方向に進めた事に感謝と感激をする。 そしてさらにその先を進むとまた道案内がある。

最終的には目的地に辿り着けるでしょう!
2013年06月06日 15:37 |コメント|

夢をガンガン引き寄せ、実現させる極意をシェアします!

ドリーン・バーチュー公認ATP®でもあるSaotoshiが「引き寄せの法則」について、語ります。
望む未来を引き寄せるコツとは?シアトル出身であり、完全バイリンガルであるSatoshiが、本場アメリカより最新の情報を余すところ無くシェアして行きます。

お楽しみに!

Satoshi Morikawa 事務局 
2013年06月05日 05:10 |コメント|
  • ブログ